こだわりの中華料理&タイ料理のお店「チャイハナ」[神奈川県 横浜市] 

誰もが気軽に日常で感じられる幸せと言えば食事。そんな誰にとっても幸せと感じられる料理を提供されているのが神奈川県横浜市にある「中国料理&タイ料理 チャイハナ」さんです。いつもと違う味わいに幸せを感じてほしいと、先代のシェフから受け継がれ、こだわりによって作られるチャイハナの味についてお店を経営されている林智海さんにお話をうかがいました。

幸せな一日というゴールが大事

中国料理店で経験を積んだ後、逗子市内にご自身で中華料理店を営まれていた林さん。チャイハナを開くきっかけになるのは、チャイハナの初代タイ料理シェフの存在だったそうです。実は彼がチャイハナで働くことになる前のお店にいた頃からその味に惚れ込まれ懇意にされていたとか。その後、彼が引退を考え始めたのを聞いて、「彼の味をこの世から消したくない、彼の財産を残したい」という思いから、すでにご自身で経営されていた中華料理店と、新たにタイ料理店を一緒におすすめできるお店であるチャイハナを作られたそうです。このような経緯で中華料理&タイ料理のお店になりましたが、和食とでもイタリアンとでも、結果的に1日のゴールを「食べて美味しい。幸せ」と終われることを大事にされているそうです。

中華料理とタイ料理のWIN x WIN関係

一般的に少量で癖があって、その独特な匂いや香辛料に苦手意識を抱かれがちなタイ料理。まだ小さいお子さんのいる家族連れの方や、仕事の付き合いなどで不本意にタイ料理を食べることになってしまった方には残念な結果となりかねません。もしタイ料理が苦手な方がいる場合も中華料理がご用意できるチャイハナなら、中華と一緒にもっとタイ料理を知っていただけるとのことでした。

お店は出会いの交差点でもある

長年お客様に飲食を提供されている中で、様々な出来事もあったと振り返えられた林さん。飲み会でお店を利用されていたヨットグループの方々と、打ち上げでお店を利用されていたお客様同士がチャイハナを通じて新たな大きな和ができたこと。チャイハナのスタッフとお客様がチャイハナという空間で新たな出会いを見つけられ結婚されて3人も子供がいらっしゃること。飲食店でありながら、飲食以外の役割を果たしていることに気づけたのも長年お店を続けてきて、お客様に愛していただけたからと実感されていました。

 

 

「チャイハナ」はチャイニーズ&華

最後に「お店のネーミング由来はチャイニーズ&華、華は華やかだから」と教えてくださった林さん。日本のさくらのように中国で愛される牡丹花と、韓国での劇的な出会いを経て、現在チャイハナの店内には林さんお気に入りの画家による牡丹花の絵が飾られています。今後はネットを通じてもっと美味しい中華料理とタイ料理を届けていって、ゆくゆくは日本全国、全世界展開もと熱い志を露わにされていました。

「美味しいから幸せ。」というシンプルな信念を柔軟な発想で展開していく林さんの今後にも期待です。

 

 

今回紹介した商品は...

関連記事